【コラムNo.6】『選挙権を得たあなたへ』 第6回 地方議員が考える日本の政治

3-4

新たに選挙権を得た18、19歳のあなたへ

元気会に所属している地方議員3名が登場し、彼らが考える日本の政治について展開しているこのコラム。
前回は、斉藤議員を中心に「障害者目線に立った情報保障」をテーマに語っていただきました。政治に触れるのは健常者だけではない、それならば障害者も政治に取り組みやすい制度を整えるべき、ということが読者のみなさまに伝わったと思いますが、いかがでしょうか?
さて、今回は「今の日本をどう見るか」がテーマです。ぜひ、ご一読ください!

<座談会メンバーのご紹介> 
たなか
 田中 たくみ(渋谷区)  さいとう 斉藤 りえ(北区)  まつした 松下 まさよ(朝霞市)

第6回『地方議員が考える日本の政治<series3> 今の日本をどう見るか』

はじめに豆知識(今回の記事に出てくる用語をチェック!)

☑バリアフリー・ユニバーサルデザイン
「バリアフリー」は、お年よりや障害のある特定の人を対象として、快適に生活できるように、あとからバリアをなくすこと。
「ユニバーサルデザイン」は、国籍や性別、年齢、そして障害があるかないかなどに関係なく、はじめから、すべての人ができるだけ使いやすく、便利なものを広めること。

☑地域主権型道州制
中央集権体制を廃止し、全国を10程度の道州、300の基礎自治体に再編することで地方分権を実現させる制度。

今の日本が抱える問題解決には、成功モデルをつくるべき

インタビュアー(以下/イ)) 地方議員としてシゴトをされてきて、いまの日本をどう見ていますか?

たなか国で法制化しても実行するのは地方自治体という事案が多いので、少子高齢化などの日本の問題はどこかが成功モデルをつくらない限り、正直、解決しないと思っています。

さいとう私も田中議員と少しかぶりますけど「少子化問題」「貧困問題」「待機児童問題」。これらはやはり女性の社会進出に繋がってくると思うんです。

たなか斉藤議員は、バリアフリー問題はどうですか?

さいとうそうですね、海外を見習って「バリアフリー・ユニバーサルデザイン」の充実も、いまの日本には努力が必要だと考えます。聞き慣れない言葉だなぁと感じるかたは、ぜひ一度チェックしてみてください。

まつした私は「少子化対策」を早急に解決できるよう努力が必要だと考えます。少子化対策には「国力の維持」「経済の安定化」「社会保障の充実」が関係してると思うんですね。そのためには、親だけではなく、地域で子育てをしていく仕組みづくり、保育環境の整備、フランス型の子ども手当ての検討が必要だと感じています。

イ) なるほど。主に、今の日本には、少子高齢化対策の成功モデルをつくること、女性の社会進出、バリアフリー・ユニバーサルデザインの充実が足りていないということですね。

中央集権体制と数の論理の見直しを

イ)次に日本の政治にみられる問題点を具体的にどうお考えでしょうか?

まつしたニュースでもさんざん言われてきているので目新しくはないのですが、問題点として地方政治における中央集権体制の弊害が言えますね。中央集権体制は、戦後苦難の果てに立たされた日本を世界が認める経済大国にまで発展させ、当時は万々歳だったわけですが、現在では東京一極集中と地域間格差を引き起こし、地域活性化に限界が・・・。悲しいことに、東京圏が繁栄した裏で地方は衰退しているんです・・・。そのために、地域主権型道州制の導入が必要となります

イ)田中議員はいかがでしょう?

たなか政治用語になってしまうのですが、私は政策論よりも数の論理が優先されてしまうことが日本の政治で改善すべき点だと感じています。元気会で採用している「党議拘束をしない」ということに大きな意味を感じていますので、とにかく党議拘束を廃止して議員個人の良識を優先したほうが良いと考えます。

イ)はい、党議拘束をしないことは、元気会の特徴ですよね。『個々の政策、法案には、プラス面とマイナス面がある。賛否が入り混じるパッケージ型の法案などもある。その場合、元気会は、「100か0か」の一律の党議拘束による賛否を行わない。具体的には、個々の政策や法案の賛否について6:4や7:3など、「比率賛否」に応じた割合投票を行う。』ということ。詳しくは→こちらからご確認ください

さいとう私は、前回取り上げていただいたように「情報保障の視点」が足りないと考えます。たくさんお話ししたので、前回の特集をご覧いただければ・・・笑

イ)松下議員は、他にも問題としてみていることはありますか?

まつしたあります! つい最近まで話題になっていた「保育園落ちた 日本死ね」ブログの件ですけどね、これね、国会の場においてこのブログを取り上げて追求していることそのものが疑問なんですよね・・・。だって、これは地域の問題でしょう? 国会では国会でやるべきこと、国会でしか出来ないことがあるはずですから。

イ)日本の政治の問題点は、まだまだ山積みのようですね。この機会に、こちらをご覧の読者のかたからも、ぜひお便りをいただきたいですね。皆様が感じる日本の政治の問題点のご意見、お待ちしています!


次回「日本の選挙制度」をテーマに展開いたしますので、お楽しみに!

この記事が気に入ったら、いいね!しよう
日本を元気にする会の新着情報をお届けします。