MFクラウド経費の導入を検討しているなら、評判も気になるところですよね。

MFクラウド経費は「Money Forward(マネーフォワード) クラウド経費」の略称です。経費精算を効率化するアプリケーションソフトで、PCブラウザおよび各モバイル(iOS・Android OS)で使用することができます。MFクラウド経費は1ユーザーあたり月500円(税抜)~で使用することができます。

MFクラウド経費には、移動中などの隙間時間を使って申請や承認を行えるスマホアプリや、自動読み取り機能など、経費申請を効率化する仕組みが活用されています。MFクラウド経費を導入することで、大幅なコスト削減や時間短縮が期待できます。

MFクラウド経費を利用することで作業を効率化ができますが、有償サービスのため、費用がかかります。さまざまな機能を使うことができる上位プランならば月額料金9,000円(税抜)~が必要になります。

ケイヒさん
MFクラウド経費の導入を考えているんだけど、実際の効果はどれくらいでるんだろう?それに評判も気になるよね。経費申請システムは他にもいろいろあるけれど、どんな違いがあるのかな?

セイコさん
その疑問に私がお答えします!MFクラウド経費の評判や口コミ、導入することによるメリットやデメリットを詳しく解説します!

MFクラウド経費の基本情報

MFクラウド経費の運営会社

セイコさん
MFクラウド経費は株式会社マネーフォワードが運営しています。マネーフォワードが提供する代表的なサービスとして、個人向け家計簿アプリ「マネーフォワードME」、法人向けの「MFクラウドシリーズ」があります。
運営会社 株式会社マネーフォワード
事業内容 インターネットサービス開発
設立 2012年5月

MFクラウド経費の利用料金

〇MFクラウド経費を単体で使う場合の料金

ケイヒさん
MFクラウド経費を利用する場合に必要な費用はどれくらいだろう?

セイコさん
導入にあたって必要な費用は重要ですよね。MFクラウド経費のプランと利用料金を以下にまとめます。月額料金は1ユーザーあたりの料金です。最安の「パーソナルプラン」は1名利用で月額300円(税別)、チーム利用プランの1ユーザーあたりの月額は500~900円(税別)で利用することができます。プランによって使える機能がことなるので注意してくださいね。
「MFクラウド経費」料金(税別)
  パーソナル チーム コーポレート エンタープライズ
利用料金/月 300円 500円/1ユーザー 700円/1ユーザー 900円/1ユーザー
最低利用料金/月 300円 500円 700円 9000円
利用可能人数 1名 無制限 無制限 無制限
オペレータ入力 20円/枚 20円/枚 20円/枚 無制限
サポート メール チャット/メール チャット/メール チャット/メール
API利用 × 300回/時間 3600回/時間 無制限
電子帳簿保存法 × × 対応 対応
支払い依頼 × ×
日当機能 × ×
コーポレートカード連携 × ×

〇バリューパック料金

ケイヒさん
経費精算システムによっては外部のサービスと連携して「会計」や「請求書」を作成するなどができると聞いたけど、「MFクラウド経費」にも同じようなセットはあるのかな?

セイコさん
はい、バリューパックと呼ばれるセットプランがあり、お得に利用することができます!2019年5月8日から適用されたバリューパックプラン「マネーフォワードバリューパック」の料金と使える機能を紹介します。
「マネーフォワードバリューパック」料金(税別)
バリューパックで使える5つのサービス

会計/確定申告+請求書+給与+経費+マイナンバー

個人事業主 基本料金 法人 基本料金
パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス スモールビジネス ビジネス
格安プラン 請求書発行が多い方向け 確定申告不要で電話サポートが必要な方向け 小規模法人向け格安プラン 複雑な会計業務や請求書発行の多い法人向け
月払い1,280円 月払い2,480円 月払い3,980円 月払い5,980円
年払い11,760円

(月換算980円)

年払い23,760円

(月換算1,980円)

年払い35,760円

(月換算2,980円)

年払い35,760円

(月換算2,980円)

年払い59,760円

(月換算4,980円)

各プランの基本料金には従量課金の対象となるサービス(給与/マイナンバー/経費)の5名分の従量課金が含まれます。6名以上での利用については、各サービスの従量単位に単価を掛けた料金がかかる仕組みとなります。


MFクラウド経費を導入した企業

ケイヒさん
MFクラウド経費をすでに導入した企業やそれぞれの利用目的を教えてくれる?

セイコさん
MFクラウド経費のHPで紹介されている導入企業(2019年6月7日時点)を以下にまとめます。ビズリーチのような大企業からChat Workなどの中小企業まで多様な企業で採用されています。導入企業の利用目的は「自動化」や「作業効率化」が多いですね。
導入企業 業種・主な事業 利用目的
(株)ビズリーチ IT・通信 コスト削減/ミス・不正防止
(株)HCSホールディングス コンサルティング 自動化/作業効率化
(株)ウィルヘルムセン・シップス・サービス 商社 自動化/作業効率化/いつでもどこでも利用
(株)ビューティーエクスペリエンス ヘアケアメーカー 自動化/作業効率化
中央フードサービス(株) 飲食 自動化/いつでもどこでも利用/初心者利用
(株)ユーザベース IT・通信 作業効率化/リアルタイムでデータ分析
Chat Work(株) IT・通信 作業効率化/いつでもどこでも利用
(株)クリアーツ・汐留パートナーズ税理士法人 IT・通信 自動化/リアルタイムでデータ分析
Ascent Business Consulting(株) コンサルティング 自動化/作業効率化/ミス・不正防止
シックス・アパート(株) ソフトウェア開発 作業効率化/いつでもどこでも利用

MFクラウド経費の3つの特徴

MFクラウド経費女性アイコン

セイコさん
次はMFクラウド経費の3つの特徴を紹介します。

特徴①いつでもどこでも経費の申請・承認が可能

MFクラウド経費女性アイコン

セイコさん
スマホアプリ(iOS/Android OS対応)を使って経費の申請や承認が可能です。そのため、移動中などの隙間時間を使って申請、承認ができるので、忘れるのを防ぐことができます。また、有料サービスのオペレータ入力を利用すれば、レシートをカメラで撮影して送ることでその経費内容を代理入力してくれます。

ケイヒさん
いちいち会社に戻って申請しなくてもスマホで完結できるのはいろんな意味で助かるね!

特徴②自動読み取り機能で省力化

セイコさん
スマホを使ってレシートを撮影するだけで「日付・支払先・金額」を自動で読み取ってくれます。清算書への転記したりPC入力の手間が不要になるので、経費精算の時間が大幅に減少します。また、電子帳簿保存法に適用しているので、レシートを紙で残しておく必要がないのもメリットですね。レシートで財布がパンパンになることもなくなります

ケイヒさん
自動で取得してくれて、入力ミスや不備、申請漏れを減らせそうなところがいいね

特徴③経費データ(ECサイトへの支払い、運賃)算出の自動化

セイコさん
一度、口座やクレジットカード情報を登録すれば、経費データを自動取得できます。今はまだAndroid限定ですが、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを読み取ることができます。出発駅と到着駅を登録すれば運賃や経路を自動で算出してくれます。

ケイヒさん
データの管理の手間が省けそうだ。移動経路を自動で算出してくれるなら、申請ミスも減りそうだね。

MFクラウド経費の評判・口コミは?

ケイヒさん
MFクラウド経費を実際に使っている人の評価はどうなんだろう?

セイコさん
実際に使った人の声は気になりますよね。そこで、実際に使った人たちの口コミを調査してみました。

「MFクラウド経費」評判・口コミ

〇PCブラウザ版

レビューをMFクラウド経費のHPで調査しました。

マネーフォワード クラウド経費で月の負担額が半分以下になりました

他にも「経費精算の時間が短縮を実現」「高い費用対効果」「充実したサポート体制が良い」など高評価のコメントがみられ、低評価の口コミはみられませんでした。

〇モバイル

レビューをモバイルのアプリがダウンロードできるApp Storeで調査しました。

いままで入力で時間がかかっていたのがデータをとることで軽減されました!重宝しています

他にも、高評価の口コミには「カメラでデータを取り込んで経費申請できるのが楽しい」などがあり、低評価の口コミには「レシート読み取ったときの画質がわるく読み取れない」「毎回ID、パスワード入力が面倒くさい」などのコメントがみられました。

MFクラウド経費のメリット3つを解説

ケイヒさん
MFクラウド経費についてわかってきたけど、費用をだしてまで導入するメリットはどこにあるんだろう?

セイコさん
メリットはたくさんありますが、その中で大きな3つを紹介します。

経費精算にかかる手間を削減

MFクラウド経費には、経費精算にかかる手間を省くための工夫がされています。経費の申請や承認、レシート読み取りなどを移動中など場所を選ばず、いつでもどこでも行うことができます。MFクラウド経費の公式HPに掲載されている導入例では「経費精算にかかる時間が10分の1になった」という実績もあり、大幅な手間削減を実現できます。

誤入力や不正を防止

MFクラウド経費では、不備入力防止機能を設定することができます。それにより入力不備や領収書の添付忘れを防止できます。手作業による転記が不要なので、入力ミスを防げるので経理担当者が本来注力すべき不正がないかなどのチェックに時間をとることができます。

充実したサポート体制

有料サービスであるMFクラウド経費は、メールやチャットでのサポートが充実しています。無料サービスではなかなか得られることができないサポート体制です。PCだけでなく、無料で使えるスマホアプリでもサポートが充実しているので初めての導入でも安心です。

ケイヒさん
自動化による時間短縮や不正防止、サポートが充実しているところがいいところなんだね。

MFクラウド経費のデメリット2つを解説

ケイヒさん
本当にMFクラウド経費はいいことだらけ?そんなことないよね。導入してから失敗しないためにもメリットだけじゃなくデメリットも確認しておきたいな。

セイコさん
うまい話には裏がある...裏はありませんが、あえて言うなら次のようなデメリットがあります。

OCR機能が発展途上

スマホアプリのOCR機能は光学的文字認識を指し、紙に印刷された、もしくは手書きされた内容を取り込み、デジタル文字に変換する機能のことです。口コミでもスマホアプリによるレシート読み取りがうまくいかないというコメントがみられます。スマホアプリは活用するものの、手入力で行う方が早いといった意見もありました。撮影にはコツが必要ですね。

費用が発生する(有料サービス)

MFクラウド経費のスマホアプリは無料で利用できますが、PCブラウザ版は有料です。高い費用をかけてうまく使えずに導入失敗しないためにも1ヶ月間無料で利用できる無料トライアルの設定されているので、まずは試してみることをおすすめします。

セイコさん
安い買い物ではないので満足できるか不安ですよね?そのような方には無料トライアルの活用をおすすめします。まずは実際に使ってみてよかったら導入してみてはいかがでしょう?

ケイヒさん
メリット、デメリットの内容を自分で事前に確認できるのは非常にいいですね。安心感にもつながります。

まとめ

MFクラウド経費の評判や口コミ、導入することによるメリットやデメリットを紹介しました。

MFクラウド経費はスマホアプリを活用することで、経費精算の手間削減からコスト削減を実現できるサービスです。スマホアプリは無料で使えますが、PCブラウザ版は月額や年額が発生する有料のサービスです。どんな経理関連サービスにもメリットやデメリットはありますので、まずは無料トライアルを利用して自分たちに必要な機能が十分満たしているかを確認してからの導入をおすすめします。

おすすめの記事